プライベート特許検索の意義

企業価値を高めるための知財戦略の駆使が、経営者および知財関係者における経営課題として大きく注目を集めています。
このような状況下では、特許検索の利用およびそれによって生じるデータが、企業経営において重要な意味を持ってきます。
他方で、データ保護を目的とした各国の規制が整備されるに伴い、企業によるデータ活用の仕方は見直されつつあります。
このような情勢の中で、知財戦略と企業のデータ保護の両立を実現するソリューションが、「プライベート特許検索」です。
リーガルテック社は、「プライベート特許検索」を提供することで、企業がさらに知財による企業価値を高め、
大きな競争力を担っていくことに貢献していきます。

「プライベート特許検索」による知財データ活用とデータ保護

知財戦略の骨格となる特許を取得する際の検索履歴などのデータは、知財を保護する上で機密性を確保すべき情報です。
Tokkyo.Aiのプライベート特許検索システムは、各企業がそれぞれ独立したユーザー領域を保持し、検索した内容はその中に保存されるため、検索履歴、キーワードなど、知財戦略のための重要な検索データの外部への共有や流出を防止することができます。
従来の企業内特許検索システムとの大きな違いは、システム導入が破壊的な低コストで行えることです。従来の社内専用のデータベースと、検索システム導入コストは500万から1000万程度でしたが、リーガルテック社独自の技術によるLaaSにおける企業内検索システムTokkyo.Aiは、月額数万円から提供可能です。

プライベート特許検索システムを低コストで実現する独自技術

リーガルテック社独自の技術、Xシステムにより、大量・大容量のデータ処理を破壊的な低コストで行えるようになりました。従来の方法では考えられない短時間に、低コストで、データベースや、検索システムの構築が可能となりました。これにより、さまざまな分野別の検索プラットフォームを企業ごとのプライベートな環境で提供することができます。

LaaSにおける基盤技術「X システム」の特長

さまざまな分野に活用されるプライベート特許検索技術

分野ごとに異なる検索サービスを提供することで、精度の高い結果を得ることができます。また、各業界のデータを自在に組み合わせることで、個別の業界のデータ単独では想像できなかったような結果を得ることができます。
LaaSにおける基盤技術Xシステムによって実現される次世代検索プラットフォームがあれば、特許データのAIによる分析も精度の高いデータから導き出すことが可能となり、新たな発想の特許を効率よく短時間で生み出す未来に繋がります。

分野別検索プラットフォームの活用例

Xシステムにより、従来の方法では考えられない短時間に、低コストで、データベースや、検索システムの構築が可能と
なりました。分野別の検索プラットフォームでは、世界中に公開されている特許データ、共通データと、各分野の専門
特許の検索データを企業内の専用プラットフォームというプライベートな環境で知財戦略に活用いただけます。

企業内プライベート特許検索の導入をお考えの企業様へ
Tokkyo.Aiシステム構築