開放特許とは?経営のために知っておくべきポイント

開放特許とは

開放特許とは、自身が権利者となっている特許について、他人に譲渡することや実施許諾(ライセンス)をするために開放している特許をいいます。

何のために開放するか

特許を開放する理由は大きく2点あります。

ひとつは、事業展開をするために新しい製品やサービスに関する特許を取得したがその事業を行わないことと判断したり、方向性を変えることとなり特許を使用しなくなった(休眠)というパターンです。これは事業を多く展開している大企業などに多い傾向があります。

もうひとつは、特許を取得し、事業展開をしていたが自社の技術不足や、人的リソースの問題で自社だけでのサービス展開に限界を感じるパターンがあります。これは中小企業などに多く、大企業に特許の実施権を与えて、開発や製品化を進めてもらうというパターンがあります。

権利フリーではないので注意!

「開放」とついていることから誤解されることもありますが、権利フリーや無償提供ではありませんので注意が必要です。開放特許は権利の放棄ではありませんので、侵害をしていれば差止めや訴訟の対象となります。

開放特許を利用したい場合は、特許権者から開放特許についての譲渡されるかライセンスをうけるなど、必要に応じた契約や手続きが必要となります。

発明の効果を最大化、効率的なビジネス展開を狙うための「IPマーケットプレイス」活用

他社の特許を活用して製品を効率よく開発する。
あるいは、自社の特許を他者に譲渡やライセンスをして、譲渡対価やライセンス料金を得るなど、知財の活用はさまざまです。

IPマーケットプレイスでは他社への売却やライセンスをする意思のある特許が多数出品されています。

ここで自社が考えているビジネスにマッチする技術を探すか、あるいは、自社では実施できなくなった特許を他者にライセンスしてお金に換えるといったことができます。

まずはどのような特許が出品されているかをチェックしてみてください。

IPマーケットプレイスはこちら↓
https://marketplace.tokkyo.ai/